FX業者の選び方を知ろう

少ない資金でも取引ができる

最初に、取引可能な最小単位を調べてください。
最小単位が少なく設定されていれば、それだけ使う資金も少なくなります。
今回が初めての投資になる初心者は、使える資金も少ないと思います。
少なく設定するためには一般的な10000通貨から取引ができるFX業者ではなく、1000円通貨から取引ができるFX業者を選んだ方が良いでしょう。
使う資金が少なくなると、気軽にFXに挑戦できますね。

次にチェックするポイントは、スプレッドです。
スプレッドは通貨の買値と売値の差のことで、FXを行うなら必ず覚えておきましょう。
もっと簡単に説明すると、FX取引内の手数料だと思ってください。
つまりスプレッドが高いFX業者だと、取引が成功して大きな利益を得られた場合でも、手元に残る資金が少なくなってしまいます。
できるだけスプレッドが低く設定されているFX業者を利用しましょう。

使い心地が良いことも、FX業者を見極める上で欠かせません。
それぞれのFX業者で特徴の異なるツールを展開しており、使ってみなければわかりません。
興味があるFX業者が見つかったら、デモトレードで試してみましょう。
デモトレードなら実際の資金を使わず、ツールの使い勝手を確認したり、FXの流れを把握したりできます。
初心者はデモトレードで、取引のタイミングなどを掴んでください。
何回でも、何時間でもデモトレードができます。
ある程度取引を重ね、FXに慣れてから本当の取引に挑戦しましょう。

見極める際のポイント

業者ごとに、取引を始めるために必要な資金が変わります。 一般的には10000通貨が設定されていますが、それよりも低く設定されている業者も存在します。 資金を多めに確保できない人は、取引可能な最小単位が低いFX業者を選んでください。 少しだけFXを体験したい人にも向いています。

スプレッドを見てみよう

必ずスプレッドが発生するので、その額を確認してからFX業者を決めましょう。 スプレッドが大きいFX業者だと、取引を成功できても得られる利益が少なくなります。 FX業者に迷ったら、人気を調べるのも良い方法です。 人気が高いFX業者ならスプレッドが低く、使いやすいと考えられます。

相性の良いFX業者にする

他の機能が良くても、チャートを見にくいなど1つでも納得できない部分があったら選択を控えてください。 最終的に、実際に使って判断するのがおすすめです。 いきなり本番の取引で使うのは怖いので、デモトレードで確認しましょう。 使い方を覚え、本番に活かしてください。